株式会社Wind-Smile

バイオマス発電事業:バイオマス発電事業の取り組みについて

太陽光発電、風力発電と並んで環境に優しい自然エネルギーとして注目されるバイオマス発電。
バイオマス発電とは、動植物などから生まれた生物資源を燃焼する際の熱を利用して発電する方式です。
天候の影響を受けず24時間安定した電力供給が出来ます。

WIND-SMILEのバイオマス発電で使用する燃料は、森林に多く放置されている間伐材や一般木材。
また将来を見据えた森林の育成を行い、日本の林業の発展に寄与します。

設備は再生エネルギー先進国であり、世界各国に多くの実績を持つドイツのメーカーINTEC Engineering GmbHとの間に独占的供給契約を締結しました。
その実績からくる経験及び技術の優位性は、あらゆる木材燃焼に対応し、優れた燃焼制御を行うことにあります。

「地域との共生」と「これからの新しいバイオマス」
それがWIND-SMILEのバイオマス発電です。(Wood Smile Project)

バイオマス発電所 開発状況

  建設中 計画中
  網走(1号) 網走(2号) 網走(3号) 北見(1号) 北見(2号)
発電出力(MW) 1.9 9.9 9.9 9.9 9.9
発電効率 約22% 約28% 約28% 約28% 約28%
発電方式 バイオマス火力発電 (蒸気タービン発電) バイオマス火力発電 (蒸気タービン発電) バイオマス火力発電 (蒸気タービン発電) バイオマス火力発電 (蒸気タービン発電) バイオマス火力発電 (蒸気タービン発電)
燃料 バイオマス専燃
(間伐材)
バイオマス専燃
(木質ペレット、PKS)
バイオマス専燃
(木質ペレット、PKS)
バイオマス専燃
(木質ペレット、PKS)
バイオマス専燃
(木質ペレット、PKS)
買取価格(円/kWh) 40円/kWh 24円/kWh 24円/kWh 24円/kWh 24円/kWh
発電開始 2018年10月予定 2020年7月予定 2020年下期予定 2021年目標 2022年目標

バイオマス発電所 網走1号機 建設状況

現在の状況

建設前 ボイラー塔

(内容:掘削・基礎・鉄骨建方~燃焼室据付)

建設前 タービン棟

(内容:杭打・基礎・内部設備基礎~外壁設工)

建設前 電気集塵機

(内容:杭打・基礎・鉄骨架台・壁設工~保温)

お問い合わせはこちらお問い合わせ

このページの先頭に戻る