株式会社Wind-Smile

風力発電事業:WIND-SMILE風車の特徴と効果

WIND-SMILEの風車

回転する力をパワーに変えることは、発電における有力な一方式です。古来から水車・風車を回すことによって粉を挽いたり水を引いたり、人間は自然の力を生活に必要なパワーへ変えてきました。
現在では石油や石炭・天然ガスといった化石燃料や、原子力を使った発電方式が主力になっていますが、発電時に発生する温暖化ガスの悪影響や、将来の地下資源の枯渇のおそれなどがクローズアップされています。

WIND-SMILEは、先人の営みの原点に立ち返り、風力発電に注目しました。
大地の「風」は、決して枯渇することのない無尽蔵のエネルギー源であると同時に、人類が将来にわたって繁栄を継続できるクリーンなエネルギー源です。

WIND-SMILEの小型風力発電機は、最先端の航空工学を風車の羽に応用し、「小型でも十分回る」「微風でも十分回る」風車を実現しました。

「将来の都市景観や田園風景をこの風車でいっぱいにしたい」
「小型風力発電を身近に感じていただきたい」

そんな想いから開発された製品群を是非ご活用ください。

特徴的な事例

霞が関コモンゲート東館(国土交通省、文部科学省)プロジェクト

このページの先頭に戻る