株式会社Wind-Smile

バイオマス発電事業:バイオマス発電事業の燃料について(国内事業)

WIND-SMILEのバイオマス発電所は間伐等で伐採された北海道産の未利用木材を燃料に利用しています。

石油・石炭・天然ガスといった化石燃料は地中に埋まっている大量の二酸化炭素を排出するため地球温暖化の一因にもつながりますが、木材を燃料とした場合は焼却による二酸化炭素の排出量と光合成による二酸化炭素の吸収量が相殺(カーボンニュートラル)され、木材は伐採された後に植林を行えば、再び燃料として活用することが可能です。

WIND-SMILEは今後、日本の森林資源を守り次の世代に成すべく地域の方々と連携しながら育林事業にも関与していくことで循環する森づくりを行えると考えています。​

未利用木材のチップ加工作業​

未利用木材の積込運搬作業​
未利用木材の粉砕作業​
発電所内のチップ燃料​
ボイラーへのチップ燃料投入​

WIND-SMILEの取り組み事例は北海道水産林務部林務局林業木材課木質バイオマスグループ発行の「林地未利用材集荷・搬出作業の実践テキスト」P9でも紹介されています。​
北海道 「林地未利用材集荷・搬出作業の実践テキスト」の発行 (外部サイトへ移動します)​

お問い合わせはこちらお問い合わせ

このページの先頭に戻る